2018年1月8日月曜日

平成30年!

あけましておめでとうございます!


毎年濃いので、一年前が遠い昔のことのように感じる。

昨年は特に、
アメリカに留学できなくなってしまって
どん底を味わい虚無の時間を過ごしたりしましたが、

それに伴って他の問題が発生して、それが現在も継続中です。

それは、


家にピアノが無いということ!笑



実は9月から実家を建て直しており1月末にようやく完成します。

私はアメリカに行くはずだったので札幌で住むところがなく、

今は母と弟が住んでいる借り家に厄介になっております。


借り家にはピアノが置けないので9月から色々な場所でピアノを貸していただいて
なんとかピアニストとして生活してます。

本当にありがたい…!


東京に住んでいた時は、仕事が忙しすぎてほとんどピアノを練習できないのに
半年に一回のソロリサイタルや他の演奏の仕事もしていたので辛かったですが、

家にピアノがないという不安感はそれ以上です。

学生時代みたいに学校に行けばとりあえずピアノに触れるってこともない。

例えば1週間ピアノに触ることができないとすると、私の場合はピアニストとしての自分の価値を感じるのがなかなか難しくなってきます。


そんな中、

ピアノを練習する場所を貸してくださった方、楽器店の方々に本当に感謝申し上げます。
ありがとうございます!!


今年は、
とある新しいことをするために今色々と準備中です。

お楽しみに!

そして、そろそろこのブログは閉鎖して新しいデザインに移行しようと思っています。


今年もどうか宜しくお願い致します!


✧演奏会情報✧

・1月13日(土)18:30開演 豊平館にて
2018 Lilies Vocal Concert
6名の方の歌の伴奏をします。

・4月27日(金)19時開演 Kitara小ホールにて
佐野 主聞 ピアノ・ソロリサイタル 




✧動画配信✧

SHOWROOM(ほぼ毎日、練習を生放送してます。)


ツイキャス(練習中の脳内を全部言語化して配信中。)

✧その他 SNS✧

Instagram(ねこの脚を集めたアカウント。)

Twitter(今のところ一番使ってるSNS。日常のこと音楽のことを投稿しています。)



2017年11月14日火曜日

自然界のグラデーションと音楽のグラデーションについての一考察 〜 レガートの時にどれくらい音と音の間を歌うか〜

今まで紅葉を観たり写真を撮ったりするときは、割と全体を観てその美しさを感じていました。
一枚の中にある美しさまで注目してなかった。


だけど、この前ジョギングがてら農試公園(札幌の北区民と西区民の中では有名な公園。笑)に行った時、

紅葉の細部の色を観察してみようと突如思いたち、
観察してみたら本当に色のグラデーションが面白かった。

それがこちら。



4枚は落ち葉、1枚はあまりにも綺麗で枝からもぎっちゃいました。

もぎったのがこちら。




これだけでは全てがわからないんだけど、

一つ感じたことがあります。

自分はグラデーションはもっと均一に変わっていると勘違いしていた。

自分の感覚で
「黄色」「橙色」と感じる部分の間のグラデーションは、
実はそんなに幅が広くなく、割と狭い幅で変わってる。



そして、
自分はピアノを人の声のように扱う & 歌わせるために
例えば「ド」と「レ」の間のグラデーションをほぼ無限に感じて表現することができるけど、
あまりにもグラデーションの幅の広さにこだわるのは逆に不自然だな…

と思った。


ただ、歌では無限にグラデーションが表現できるわけだし、葉っぱによってはもっと幅広いグラデーションもあるから、


楽器を歌わせる時のグラデーションのバランスも人それぞれでいいと思う。


自分としては
ピアノを歌わせる時に、もう少しグラデーションの幅を狭くして表現していこうかな、と思いました。

幅を狭くするのは簡単だけど、
まずは音と音の間のグラデーションを感じられることが必須。


そのためには耳を使って 
一つの音が次の音に行く瞬間の交わりを聴く。

私は、耳を使おうとすると身体が固くなる癖がまだあるので、その時は身体を柔らかく保つことを意識しています。



✧動画配信✧

SHOWROOM(ほぼ毎日、練習を生放送してます。)


ツイキャス(練習中の脳内を全部言語化して配信中。)

✧その他 SNS✧

Instagram(ねこの脚を集めたアカウント。)

Twitter(今のところ一番使ってるSNS。日常のこと音楽のことを投稿しています。)

VALU






2017年9月22日金曜日

音楽が人と人とを繋ぐ時に必要なもの。

1年半ぶりに、
札幌にある "Studio26 , Tea salon 都忘(ミヤコワスレ)" に遊びに行って来ました!



前回このお店に来たときもこの素晴らしいピアノ(私が小さな頃からお世話になっている調律師の方が調整・調律したもの)を弾いたのですが、

お客様として来ていた方が私の演奏を聴いて号泣してくださって、
この手紙を書いてくださったそうです。




"音楽に感動することに、理由はいらない"


この言葉は心に響きました。


そして、
このお手紙を私に手渡しするために大切に保管してくださっていたお店の方々の温かさも沁みる…


人とのつながりって素適だなぁ。

ありがとうございます!


ちなみに、この"Tea salon 都忘"という素適な場所を提供してくださっているのはピアニストの先輩なのですが、

10月に彼女のコンサートが札幌Kitaraで開催されます。





なんという素晴らしきプログラム。
私も聴きに行きます!
もしお時間のある方は、聴きにいってみてはいかがでしょうか。

そして、Tea salon 都忘も是非行ってみてください!
レンガ造りでお庭も綺麗!そして蔵書がまた凄い。
(開いている日が限られているので調べてから行くことをおすすめします。基本的に木曜日と金曜日の11時〜16時は開いてます。)

私もまたピアノを弾きに行こうと思います(^^)

-----

さて、
音楽が人と人とを繋ぐために必要なものってなんだろう。

もちろん
楽器や、それを弾くことができる場所は必要なのですが、

私個人の考えとしては、

人と、時間と空間を共有しているという意識

だと思うんです。

これって普段無意識のことが多いし、
演奏中に聴衆を意識しすぎるのも、クラシック音楽としては危ういことになる可能性がある。
(これについては別記事に書いているので、その記事を見つけ次第リンク貼っておきます。)


私の場合、


演奏中は


自分の中に、
弾いている自分と聴いている自分がいて、

音楽が満ちている時間と空間に、
自分を浮遊させている感覚。


確かにピアノを弾いているのですが、


自分の演奏を聴いている自分を空間に放っておく感じ。

そうすることで、お客さんとの一体感が更に強くなります。



自分を空間に放つと、自分が音楽そのものになって溶けていく感覚に陥ることがあるのですが、
それはやりすぎなので、バランス感覚が必要となります。笑


やはり、

頭を使って自分の理想の音を考えて

体を使って音として表現して

耳を使ってその音が理想だったか確認する



この3つのことは全て同時に進行しているので、
一つ一つではなく全てを合わせて感じていくことが必要だと思います!


そして、時間と空間に対する意識。


…私も理想に向けて頑張ります。

が、
自分が成長していくと理想も高くなっていくので、
いつまでも理想に届くことはないんですよね!笑

とにかく、常に学んで成長しつづけたいと思う。




♪ "動画アドバイスレッスン" 始動!♪


本当は生のレッスンを受けていただきたいのですが、
レッスンを受けたいけど遠くにいてレッスンを受けられないという方がいらっしゃるので、
"動画レッスン"を始めました!


演奏動画をYouTubeなどのネット上に限定公開で投稿していただき、
それに対し、私が実際にピアノを弾きながら曲に関するアドバイスや音楽に関する説明をした動画をお送りします。



アドバイス料

・5分以内の曲、1曲につき5,000円。

・1〜2分程度の曲、2曲で5,000円。

・10分以内の曲、1曲につき10,000円。

・その他、大曲や曲数が多い場合はその都度ご相談ください。



パソコンの場合は左側にある連絡フォーム、
または

sanoshimon@gmail.com

までご連絡ください。


通常レッスンは、

初回レッスン1時間5000円、初回以降1時間10000円です。

よろしくお願いいたします。



✧動画配信✧

SHOWROOM(ほぼ毎日、練習を生放送してます。)


ツイキャス(動画を残したい時はこちらで配信してます。)

✧その他 SNS✧

Instagram(ねこの脚を集めたアカウント。)

Twitter(日常のこと音楽のことを投稿しています。)

VALU